チャクラバランス調整

地球のエレメントを使ったチャクラを調整する方法をご紹介します。

はじめに

チャクラとは体を動かすエネルギーの渦

私は身体を動かす力のエネルギーの渦だと思っています。 それぞれのチャクラには役割があり、 それぞれが支えあってバランスを保ち、 私たちの身体や感情を支えています。

チャクラをわかりやすく捉えるのなら、血液でしょうか。 血液は心臓の右心房のポンプから血液が送り出され、 身体に酸素や栄養を届けながら、内臓を経由して浄血し、 血液は再び心臓の左心房へ戻っていきます。 毎日、ペットボトルを逆さにして出した水と同じくらいの勢いで 6トンから10トンという考えられない血液量が体中を循環しています。

私たちはそれだけの負荷を絶えられる 優秀な設計図がDNAに組み込まれており、 知らぬ間に身体のバランスを取りながら生活をしています。

チャクラの流れも、これと同じような考えです。 生まれたときから毎日、膨大な量のエネルギーが流れています。 私がチャクラで最も興味を持ったのは、色です。

似たような考え方に、五行というのが古くから東洋医学にあります。 五行とは木・火・土・金・水に分かれており、 それぞれ特色とした色が存在しています。
肝・心・脾・肺・腎と役割を分けることで、 どの分野が使いすぎているのか、 またどの分野の働きを助けるかなど 総合のバランスを考え、 身体に施していく考え方です。

また、五行という考えは、決して身体だけでなく、 感情からくる身体的変化なども十分に研究されています。 たとえば、肺からくるのは、「心配」「不安」などの 疲労が関係しているという考えです。 この概念は今でもずっと伝えられています。

チャクラの歴史も古いです。 この考えが使われているのは、主にヨガなどで有名ですね。 身体のどこを意識して運動して、 感情と身体のバランスを整えるからです。 チャクラは5つだけじゃなく、7、8つほど区分されています。 人によって番号の付け方は違いますが、 ほぼ一緒の考えで世界に通じています。

私はこの魅力的な身体のバランスを支えるエネルギーの渦、 「チャクラ」に注目して、実践、研究、結果を元に 皆さんにわかりやすく説明できないかと思い、 日頃からまとめていました。

ぜひ、みなさんの心と身体の健康にお役立てください。

8つのチャクラの特徴

第0チャクラ 「地球とつながる」「黒(こげ茶色)」「足元」※人によっては第一チャクラと呼ぶこともある。
第1チャクラ 「行動力」「赤」「股間」
第2チャクラ 「カタチを成す活力」「オレンジ(暖色系)」「お腹まわり」
第3チャクラ 「愛の感受性」「ピンク(桜色)」「胸まわり」
第4チャクラ 「空気の流れ」「黄緑(緑)」「背中(上胸)」
第5チャクラ 「調和」「青」「首元」
第6チャクラ 「直感のアンテナ」「紫」「眉間」
第7チャクラ 「高次元の意識を繋げる」「透明(クリアな水晶)」「頭上」

気になるイメージからチャクラを見てみる。