チャクラバランス調整

地球のエレメントを使ったチャクラを調整する方法をご紹介します。

第1チャクラ

チャクラの役割 「行動力」
生命は全て自分の力で造ったものではありません。 親より前の遺伝子、親、食べ物、空気、日差し・・・様々な集合体です。 食べ物を吸収して、血となり肉となり子をなし社会にカタチを残す。 ここは生命力を促す大切な場所となります。

チャクラカラー「赤」
血の色である赤をイメージしていただければと思います。 赤は、情熱的な行動力、 生きる本能やチャレンジしていく闘争心を促します。

エネルギーの部位 「股間」
このチャクラエネルギーは性器そのものから出ているいう人もいます。

調子が「良い時」と「悪い時」
このチャクラバランスが良いと、 若々しい見た目であったり、 アクティブな活動を積極的に行ったり、 子供らしい素直な個性が人生に良い反応を起こします。 また、足りない場合は活動的でなくなり、 年寄り少し老けて見えたりします。 そして、満ちすぎると、悪い部分の子供の無邪気さが出たり、 強すぎる個性で人や自分を傷つけやすくなります。

チャクラケアのポイント 「バランスを保つ」
このチャクラは、バランスがとても重要になります。 人間は、動物ではないので、 本能、つまり生命力を豊かに活用しながら、 うまく人生に活すべきだということを付け加えておきます。
生命力がどうしても暴走してしまう方はぜひ、 文化的なお祭りに参加したり、芸術に打ち込んだり、 芸術作品を見に行ったり聞きに行ったりすることをオススメします。
よく、生命力=エロスなんて例える人もいますが、 性欲以外にも生命力を沸き起こすものは、 この地球にたくさんあります。 スポーツ、お祭り、ダンス、音楽・・・ 特に文化の歴史に触れると、 私達の遺伝子レベルで本能に火をつけて、 情熱的な活力を促します。 あと、赤い下着などを身につけるのもいいです。 古来から老いても元気になれるよう、 赤い下着をつける風習には意味があります。

チャクラの強化方法
眠る前、布団の中で、 どろどろとするくらい真っ赤な太陽を思い浮かべます。 足元から股間を照らして移動して行き、 つづいておなかを暖めて、 胸の先から頭の先からはすうっと抜けていいくイメージをしてから、 眠るようにします。 ※この方法は、美輪明宏さん著書本を参考に イメージトレーニングを参考にしています。

8つのチャクラの特徴

第0チャクラ 「地球とつながる」「黒(こげ茶色)」「足元」※人によっては第一チャクラと呼ぶこともある。
第1チャクラ 「行動力」「赤」「股間」
第2チャクラ 「カタチを成す活力」「オレンジ(暖色系)」「お腹まわり」
第3チャクラ 「愛の感受性」「ピンク(桜色)」「胸まわり」
第4チャクラ 「空気の流れ」「黄緑(緑)」「背中(上胸)」
第5チャクラ 「調和」「青」「首元」
第6チャクラ 「直感のアンテナ」「紫」「眉間」
第7チャクラ 「高次元の意識を繋げる」「透明(クリアな水晶)」「頭上」