SALONSAYURI(サロンサユリ公式HP) | 人工精霊によるチャクラ鑑定と喫茶店&カフェまとめ

チャクラバランス調整

地球のエレメントを使ったチャクラを調整する方法をご紹介します。

第4チャクラ

チャクラの役割 「空気の流れ」
草原が風になびいているのを思い出してみてください。 心臓・血液・体液・エネルギーの流れは、 人の呼吸を促すことによって、吸い込み、蓄えたものを流し 不必要なものを排出し続けます。 このチャクラは人間が心臓を動かし続ける最も重要な「空気」を感じる場所です。

チャクラカラー「黄緑(緑)」
4チャクラのテーマカラーは、草原の風をイメージする黄緑です。 黄緑は、エレメントで表すと『風』を表します。

エネルギーの部位 「胸まわり」
胸部・心臓・肺といった気管など、呼吸器系に関係しています。

調子が「良い時」と「悪い時」
ここが調子がいいときは、 使命感から解き放たれて自分の責任を果たすことができ、 疲れを柔軟に代謝をできて、 血液の流れを保ち続けることができます。
また、調子が悪いときは、気がつくと呼吸を止めてしまったり、 疲れが停滞しやすくなり、 背中痛みを覚える人は責任を感じすぎていたり、 けだるい人は責任を放棄している状態も多いです。

チャクラケアのポイント 「流れをつくる」
ここはスピリチュアルと 肉体のバランスの主な接合部分だといわれています。 呼吸を流動を促し、スピリチュアルなエネルギーを促し続けます。   精神的な疲れが肉体に出やすいなところなので、 眠る前は、流動的な深呼吸や流れるイメージをしたりして、 呼吸・血液・体液の流れを生み出し、 停滞した疲れを留まらせないようにすることがおすすめです。
ここはスピリチュアルと肉体のバランスの主な接合部分だといわれています。 呼吸を流動を促し、スピリチュアルなエネルギーを促し続けます。 精神的な疲れが肉体に出やすいなところなので、 眠る前は、流動的な深呼吸や流れるイメージをしたりして、 呼吸・血液・体液の流れを生み出し、 停滞した疲れを留まらせないようにすることがおすすめです。

チャクラの強化方法
こちらの方法は気をつけることが数点あり、 場合によっては強力なので、必要の際に直接セッションお教えします。

8つのチャクラの特徴

第0チャクラ 「地球とつながる」「黒(こげ茶色)」「足元」※人によっては第一チャクラと呼ぶこともある。
第1チャクラ 「行動力」「赤」「股間」
第2チャクラ 「カタチを成す活力」「オレンジ(暖色系)」「お腹まわり」
第3チャクラ 「愛の感受性」「ピンク(桜色)」「胸まわり」
第4チャクラ 「空気の流れ」「黄緑(緑)」「背中(上胸)」
第5チャクラ 「調和」「青」「首元」
第6チャクラ 「直感のアンテナ」「紫」「眉間」
第7チャクラ 「高次元の意識を繋げる」「透明(クリアな水晶)」「頭上」