チャクラバランス調整

地球のエレメントを使ったチャクラを調整する方法をご紹介します。

第5チャクラ

チャクラの役割 「調和」
ここのチャクラは、身体にあるエネルギーの調和を司り、 身体面では、交感神経・副交感神経のような、 臓器が動く時と休む時のバランスを司る大切なホルモン同士の調和を 大切に扱ってします。また、感情面では気持ちを受け取ったり、 表現する心の調和をつかさどります。
自分の気持ちとの交信、人との交流、 臓器同士のコミュニケーションなど、 放出されるエネルギーと、 吸収するエネルギーの調節の役割があります。
チャクラカラー「黄緑(緑)」
5チャクラのテーマカラーは、海や川の流れをイメージした青です。

エネルギーの部位 「首元」
首元から喉の前側にある甲状腺付近、 主にホルモンや呼吸に関係が深いです。

調子が「良い時」と「悪い時」
ここが調子がいいときは、 うまく自分の思っていることを伝えられたり、 ホルモンバランス良くなり、 汗や体液の分泌など代謝がよくなったりします。
この調子が悪くなってくると、 思っていることをうまく伝えられないと感じたり、 ホルモンのバランスが悪くなり、 代謝がよく働かなかったりします。

チャクラケアのポイント 「受け取る・表現する」
吸収する「食べ物・会話・知識・空気・光など」を 飲み混んで身体に取り込み、 自分を表現する「会話・芸術・製造・家庭・栽培など」していき、 この二つの要素を同時に行うことで、チャクラは流れを取り戻します。
まず、自分が現在の状況をうまくチョイスして飲み込んでいるのか。 また、自分の感情をうまく表現しているのか。 ここはスピリチュアルと 肉体のバランスの主な接合部分だといわれています。 呼吸を流動を促し、スピリチュアルなエネルギーを促し続けます。 精神的な疲れが肉体に出やすいなところなので、 眠る前は、流動的な深呼吸や流れるイメージをしたりして、 呼吸・血液・体液の流れを生み出し、 停滞した疲れを留まらせないようにすることがおすすめです。

チャクラの強化方法
エネルギーを強めるには、 感謝を思い出すクセをつけることが、一番効果的です。 一瞬でもいいので、 改めて振り返ってありがたいなと感じるようしてみてください。 クセがついてきたら、今度は小さな感謝を感じたら口に出したり、 表現したりする速度を速めます。
これだけのことをやってから、 ありがとうを言おうという判断基準ではなく、 受け取ったらすぐにお返ししていく、 スピーディーなレスポンスが感謝には大切です。 感謝は長い間、気持ちを暖めてから伝える手段もありますが、 相手の心が冷え切ってから、それを実行すると、 気持ちが伝わらないこともあるので、 ぜひ、このクセや習慣を身につけてみてください。

8つのチャクラの特徴

第0チャクラ 「地球とつながる」「黒(こげ茶色)」「足元」※人によっては第一チャクラと呼ぶこともある。
第1チャクラ 「行動力」「赤」「股間」
第2チャクラ 「カタチを成す活力」「オレンジ(暖色系)」「お腹まわり」
第3チャクラ 「愛の感受性」「ピンク(桜色)」「胸まわり」
第4チャクラ 「空気の流れ」「黄緑(緑)」「背中(上胸)」
第5チャクラ 「調和」「青」「首元」
第6チャクラ 「直感のアンテナ」「紫」「眉間」
第7チャクラ 「高次元の意識を繋げる」「透明(クリアな水晶)」「頭上」