チャクラバランス調整

地球のエレメントを使ったチャクラを調整する方法をご紹介します。

第7チャクラ

チャクラの役割 「高次元の意識を繋げる」
高次元の意識とは、わかりやすく言うと、 神の意識とのつながりを示します。 自分の中にも神なる意識は存在しますが、 この場合繋がるのは現在所持する魂以外の神、 つまり高次元の神との交流に当てはめられます。 私達は色んな意識と繋がって生きています。 繋がることによって、様々な情報を有することができます。
第4チャクラでは、 生きるためにスピリチュアルな宇宙パワーなど 受け取る分野でしたが、この第7チャクラでは、 情報やクリアな意識を保つために、 意識の中で光を見失わないようにしていく役割があります。

チャクラカラー「透明(クリアな水晶)」
透明かつ、輝きのある光沢のあるものが適切です。 その中でも、日差しや月の光に照らされた磨かれた水晶がおすすめです。 水晶を使用する場合は、パワーを受け取ることと同時に、 身体に眠っている使用しない余分な分野のパワーも クリアにする意識で使用してください。

エネルギーの部位 「頭上」
身体に触れていない、頭の上辺りの空間を指します。

調子が「良い時」と「悪い時」
感情の整理、思い出を保存したいものと、 消去したいもののを区別して実行するなど、 情報や気持ちといった、 意識の整理整頓が順調に行われている状態がいい状態です。
その逆である、自分の気持ちが世間体や固定概念で固められていたり、 新しい情報を受け取るスペースがなかったり、 気持ちを冷静に客観的に見れないときなどが、その逆に当てはまります。

チャクラケアのポイント 「対等であること」
高次元との繋がりである、このチャクラをクリアに保つ方法は、 まず、対等になる気持ちを自然と芽生えていくようにすることです。 自分、人々、地球、神、高次元・・・ これらは全て光で繋がっており、また対等です。
どちらが強い意見だからという理由でチャクラを使用するのではなく、 すべて対等な意見であり、最も適切な行動の答えは、 「本当の幸せを感じるため」という基準のようなものが必要です。 こうしていることで、クリアな意識を保ち、 クリアな意識を手伝う光を受け取りやすくなります。

チャクラの強化方法
定期的に無の意識となるように適度な瞑想がいおすすめです。 日本にはたくさんの瞑想法があるので 自分に合った方法を探して試してみてください。 強化する場合は、必ずグランディング (地球に生きていることを意識する)を行ってください。

8つのチャクラの特徴

第0チャクラ 「地球とつながる」「黒(こげ茶色)」「足元」※人によっては第一チャクラと呼ぶこともある。
第1チャクラ 「行動力」「赤」「股間」
第2チャクラ 「カタチを成す活力」「オレンジ(暖色系)」「お腹まわり」
第3チャクラ 「愛の感受性」「ピンク(桜色)」「胸まわり」
第4チャクラ 「空気の流れ」「黄緑(緑)」「背中(上胸)」
第5チャクラ 「調和」「青」「首元」
第6チャクラ 「直感のアンテナ」「紫」「眉間」
第7チャクラ 「高次元の意識を繋げる」「透明(クリアな水晶)」「頭上」